中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > > 2022年度 1学期中間テスト

    2022年度 1学期中間テスト
    • 国語
      テスト範囲
      教科書p14~17、22~31 、38~51
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:40%記述式:60%
      難易度割合
      簡易:30%通常:60%難問:10%

      単元が5つ含まれており、現代文、詩、説明文など様々な分野での対策が必要となっていました。
      そのため、1つの単元でつっかかってしまうと、問題を解き終わらない可能性があります。
      基本的な問題をスムーズに解けるようにするため、ワークの問題を繰り返し解いて、類似問題はすぐに答えがでるようにしておきましょう。

    • 英語
      テスト範囲
      教科書p6~15
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:20%記述式:80%
      難易度割合
      簡易:30%通常:60%難問:10%

      中学生初のテストなので、英語の文のルールや単語の意味など簡単な内容の問題が多かったです。
      ただ問題によっては「○○な場合、なんて言いますか?」というような条件に合わせて解答しなければならないものもあったため、意味や単語を一問一答ではなく、どういった時に使うのかまでセットで覚えておくと良いでしょう。

    • 数学
      テスト範囲
      「正負の数」「小学生の復習」
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:10%記述式:90%
      難易度割合
      簡易:40%通常:50%難問:10%

      ワークの問題と入間地区の問題と同じものが出題されており、非常に対策しやすいテストでした。
      応用問題に関しても、ワークのC問題を解けるようにしておけば、ほとんど解答することができるため、繰り返し解いておきましょう。

    • 理科
      テスト範囲
      教科書p10~37
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:30%記述式:70%
      難易度割合
      簡易:20%通常:70%難問:10%

      基本的な内容を問われる問題が多く、用語や実験の流れを暗記できれば80点以上獲得できるでしょう。
      用語に関しては、文字だけ覚えるのではなく、実験器具などはパーツの位置を見て答えられるようにしておきましょう。

    • 社会
      テスト範囲
      教科書p6~29
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:20%記述式:80%
      難易度割合
      簡易:10%通常:60%難問:30%

      ワークの問題からの出題がほとんどなく、学校のプリントがメインとなっていました。
      初めのテストにしては、難易度が高く、時差を求める問題では、入試に近いレベルの問題が出題されていたため、学校の授業内で触れたプリントと県の入試問題を併せて取り組んでいきましょう。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談