中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > > 2020年度 2学期期末テスト

    2020年度 2学期期末テスト
    • 国語
      テスト範囲
      「平家物語」「黄鶴楼送孟浩然之広陵」
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:30%記述式:70%
      難易度割合
      簡易:10%通常:80%難問:10%

      古文・漢文の知識が多く問われる問題構成のため、文法の知識や古典単語の意味を理解するなど対策をしなければ、その場で読んで解答するのは難しいテストでした。ただ、問われている知識自体は、難易度がそれほど高くないので、ワーク等で対策できれば高得点を狙えるでしょう。

    • 英語
      テスト範囲
      「不定詞」「動名詞」
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:20%記述式:80%
      難易度割合
      簡易:20%通常:80%難問:0%

      文法問題・英作文の問題は、学校のプリントまたはワーク等から出題されているものなので、それらの暗記を念入りに行うことができれば高得点が狙えるテストでした。
      長文の問題に関しては、初見ではあったものの、日本語で答える問題しかなかったため、1つ1つの単語の意味をしっかり訳すことさえできれば、比較的解答しやすいものでした。

    • 数学
      テスト範囲
      「一次関数」「一次関数の利用」
      範囲割合
      範囲内:90%範囲外:10%
      記述割合
      選択式:0%記述式:100%
      難易度割合
      簡易:20%通常:70%難問:10%

      ほとんど難問は無く、学校のワークとテスト前に配布されるプリントからの出題となっていました。
      計算問題だけではなく、今回の単元の用語を答える問題も出題されていたため、計算だけでなく、合同条件や各図形の定義・定理の暗記をしておく必要があります。
      また毎回、基礎計算の問題が出題されているため、定期的にに1・2年生の基礎計算の復習を行っておくとよいでしょう。

    • 理科
      テスト範囲
      「動物のからだのつくりとはたらき」「動物の分類」「生物の変遷と進化」「気象観測と雲のでき方」「前線とそのまわりの天気の変化」
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:15%記述式:85%
      難易度割合
      簡易:20%通常:80難問:0%

      出題範囲が広く、各単元から満遍なく出題されているため、対策に時間がかかる内容となっていました。
      また用語を覚えるだけでなく、理由や目的を答える問題があるため、実験の流れでけでなく「何のためにその行為を行うのか」まで説明できるように対策する必要があります。

    • 社会
      テスト範囲
      地理分野「九州地方」「中国・四国地方」「近畿地方」
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:20%記述式:80%
      難易度割合
      簡易:10%通常:90%難問:0%

      出題範囲が狭い分、細かいところまで問われる問題が多かったです。山地・川・平野などは細かいところまで暗記しておく必要があります。またグラフや資料から、その地域の特徴を読み取るような問題もあるので、ワークやプリントで、記述問題として出題されやすい箇所の暗記は必須となります。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談