中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > > 2021年度 2学期中間テスト

    2021年度 2学期中間テスト
    • 国語
      テスト範囲
      「盆土産」「字のない葉書」「敬語」
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:40%記述式:60%
      難易度割合
      簡易:30%通常:60%難問:10%

      問題構成としては、ワークの問題を中心に出題されているが、書き抜き問題と記述問題の量が多いため、時間内に追えられるよう、答えを覚えておく必要があります。文章題に関しては、作者名、作品名を問われる問題があるため、確実に得点したいところです。文法に関してはワークで出題されているものとは異なるものがあるため、答えをそのままおぼえるのではなく、使い方を理解しておく必要があります。

    • 英語
      テスト範囲
      Unit3
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:30%記述式:70%
      難易度割合
      簡易:30%通常:60%難問:10%

      単語・熟語問題、文法問題、長文問題共にワークからの出題が多く、高得点の目指しやすいテストでした。英作文の問題が20点分あり、子供たちとしては諦めてしまいがちな問題ですが、各単元の文法を用いた英文を作る問題で、ワークから出題されているものと同じなので、諦めずに取り組むようにしましょう。

    • 数学
      テスト範囲
      教科書p52~82
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:15%記述式:85%
      難易度割合
      簡易:30%通常:50%難問:20%

      ワークの問題から約80点分出題されているため、ワークのでの問題演習、対策は必須となります。
      また前回のテスト範囲の基礎的な内容からも出題されているため、テスト前に前回の問題を解き直ししておくと良いでしょう。
      応用の問題はワークの問題から数字を変えて出題されているものもあるため、解き方を理解しておく必要があります。

    • 理科
      テスト範囲
      教科書p49~99,171~185
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:20%記述式:80%
      難易度割合
      簡易:20%通常:70%難問:10%

      基本的に記述問題が多く、実験の注意点、理由の説明などをワーク中心に対策を行いましょう。
      また、圧力の計算問題や顕微鏡の部品名・操作手順を答える問題など、予め学校の先生から予告されていたものもあるため、その問題に関しては丸暗記するくらい何度も繰り返し確認を行いましょう。

    • 社会
      テスト範囲
      歴史分野「中世ヨーロッパ」「戦国時代〜江戸時代初期」地理分野「雨温図、地形図の読み取り」「都道府県」
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:50%記述式:50%
      難易度割合
      簡易:20%通常:70%難問:10%

      問題内容が教科書の太字の用語を答える問題、ワークの問題からの出題であったため、比較的高得点の狙いやすいテストでした。歴史分野、地理分野共に資料を用いて問われる問題が多かったため、ワークの問題などの暗記に関しても、文字だけでなく、写真や地図などとセットで答えを覚えておくと思い出しやすくなるでしょう。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談