中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > > 2022年度 1学期中間テスト

    2022年度 1学期中間テスト
    • 国語
      テスト範囲
      「見えないだけ」「アイスプラネット」「枕草子」「熟語の構成」
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:40%記述式:60%
      難易度割合
      簡易:20%通常:70%難問:10%

      問題の難易度はそこまで高くありませんが、出題が範囲が広いため、全ての単元を対策するのに時間がかかるものでした。基本的な問題はワークを中心に暗記を進めれば大丈夫ですが、作者名や文法の用語など基本的な用語はノートや授業内で行ったものを覚えておきましょう。

    • 英語
      テスト範囲
      Unit0~Unit2
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:30%記述式:70%
      難易度割合
      簡易:20%通常:70%難問:10%

      並び替え・穴埋め・英作文などの文法問題は、学校のワークを繰り返し解き直すことで対応可能です。
      文章問題は公立高校の入試を想定した短めの文章を複数解くような問題形式のため、普段から簡単ね英文で良いので、和訳とそれにまつわるQandAの答え方を練習しておく必要があります。

    • 数学
      テスト範囲
      教科書p9~26まで、入間地区の学力調査の問題
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:5%記述式:95%
      難易度割合
      簡易:20%通常:70%難問:10%

      基本的な計算問題や知識を問われる問題が多かったため、ワークの問題を解けるようになっていれば8割以上の問題を解答できる内容でした。入間地区の学力調査の問題からも一部出題されていたため、一年生の復習も欠かさず行っておく方が良いでしょう。

    • 理科
      テスト範囲
      中1の教科書p180~185、中2の教科書p1~36
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:30%記述式:70%
      難易度割合
      簡易:20%通常:70%難問:10%

      化学分野の問題から多く出題されており、基本的な用語を答えるだけでなく、実験のやり方や考察などの内容を細かく理解しておく必要があります。ワークでテスト対策する際も、「なぜ実験でこの操作が必要なのか」「判断の根拠は何か」などを理由まで答えられるようにしておく必要があります。

    • 社会
      テスト範囲
      地理分野教科書p100~139、歴史分野p54~80
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:20%記述式:80%
      難易度割合
      簡易:20%通常:70%難問:10%

      地理分野・歴史分野共に資料を用いた問題が多く出題されており、ワークの問題を暗記するだけだと解答が難しいと思います。そのため、範囲内で使われている資料がそれぞれ何を示しているのか説明できるようにしてくおくと良いでしょう。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談