中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > > 2021年度 2学期中間テスト

    2021年度 2学期中間テスト
    • 国語
      テスト範囲
      教科書p94~113,p116~129,p134,p140~141
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:15%記述式:85%
      難易度割合
      簡易:20%通常:70%難問:10%

      問題量が多く、記述問題の割合が大きいため、解き終えるのに時間がかかるものになっています。記述問題の難易度自体はあまり高くないため、ワークの問題を答えを見ずに答えられるようになりましょう。また北辰テストで出題されているような初見の問題もあるため、北辰テストの過去問などで、文章の組み立て方、時間をかけずに内容をまとめられるようになっておく必要があります。

    • 英語
      テスト範囲
      p35~60
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:40%記述式:60%
      難易度割合
      簡易:30%通常:60%難問:10%

      非常に対策しやすい問題内容になっており、記述問題は教科書の本文の内容とワークの文法問題を中心に出題されています。
      教科書の本文の内容に関しても、本文の隣にある問題からそのまま出題されているため、答えを覚えてしまいましょう。ワークの問題から出題される単語に関しては、普段学校で行っている単語テストから出題されており、範囲は広いですが中1・中2で習うレベルの単語であるためしっかり暗記しておきましょう。

    • 数学
      テスト範囲
      教科書p92まで
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:5%記述式:95%
      難易度割合
      簡易:10%通常:60%難問:30%

      前回までの問題と比較して、教科書やワークからの出題が減っているため、今回の単元の様々な問題を対策する必要がありました。特に今回は平方根、二次関数の利用の応用問題が出題されていたため、非常に難易度も高くなっていました。そのため、復習の基礎計算の問題と前半のワークの問題を確実に得点できるようにしましょう。応用問題に関しては、公立高校の過去問などから今回の単元の問題で練習すると良いでしょう。

    • 理科
      テスト範囲
      p74~129
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:30%記述式:70%
      難易度割合
      簡易:20%通常:70%難問:10%

      ワークや授業内で使用したプリントの内容を覚えることができれば、6割以上の得点が可能になります。80点以上を目指す場合は、教科書の細かい内容まで覚えておく必要があります。教科書の要点の確認と確かめのページを何度も読み込み、実験の流れや考察結果の理由説明をできるようにしましょう。

    • 社会
      テスト範囲
      歴史の教科書p248~263 公民p8~59
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:30%記述式:70%
      難易度割合
      簡易:15%通常:80%難問:5%

      歴史分野と公民分野から幅広く出題されていたため、満遍なく手を付けるには時間がかかるテストの内容となっていました。
      歴史に関しては、事前に配布されたプリントの問題から用語を答える出題されているため、確実に暗記をしておきましょう。公民に関しては、表を読み取る記述問題などが多く出題されているため、用語だけ暗記するのではなく、資料を見て何を問われているのかに注意し、正確に答えられるようにしましょう。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談