中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > > 2020年度 定期テスト④

    2020年度 定期テスト④
    • 国語
      テスト範囲
      教科書p202~229 ワークp123~139 漢字スキルp28~42 文法ワークp1~21
      範囲割合
      範囲内:30%範囲外:70%
      記述割合
      選択式:50%記述式:50%
      難易度割合
      簡易:30%通常:40%難問:30%

      選択問題と記述問題が半々の割合で構成されたテストでした。
      古文の問題では、登場人物の気持ちを読み取る力が求められるため、学校のノートを暗記するくらい確認し、問題集などで様々な問題に触れておく必要がありました。

    • 英語
      テスト範囲
      教科書p78~121 ワークp76~120
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:15%記述式:85%
      難易度割合
      簡易:25%通常:65%難問:10%

      基本的な文法の穴埋め形式や教科書本文の問題が多く、難易度は低めのテストでした。
      教科書の基本文や単語の定着が求められるため、日本語から英語に書き換えができるように演習をくり返すことが必要でした。

    • 数学
      テスト範囲
      教科書p72~83,156~217 ワークp36~41,43,80~125
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:0%記述式:100%
      難易度割合
      簡易:30%通常:55%難問:15%

      問題の難易度は低めですが、一問の配点が高く、アレスミスをしないかが点数に影響したテストでした。
      計算ミスをしない力が求められるため、基本問題のくり返し演習を行うことが必要でした。

    • 理科
      テスト範囲
      教科書p72~83,156~217 ワークp36~41,43,80~125
      範囲割合
      範囲内:50%範囲外:50%
      記述割合
      選択式:20%記述式:80%
      難易度割合
      簡易:20%通常:65%難問:15%

      基本問題が多く出題されており、ワークの基本問題を重点的に演習を行うことで点数につながるテストでした。
      一方、テスト範囲外からは1年生の総復習が多く出題されており、今まで学習した内容の定着がないと高得点が難しいテストでした。

    • 社会
      テスト範囲
      「中世の日本」「近世の日本」
      範囲割合
      範囲内:30%範囲外:70%
      記述割合
      選択式:15%記述式:85%
      難易度割合
      簡易:30%通常:50%難問:20%

      テスト範囲外からの出題が多く、大半が中学1生の総復習からの出題でした。
      今まで学習した内容の知識が求められるため、テスト対策だけではなく、日々の学習で知識を定着させる必要がありました。
      またテスト範囲内は、教科書の基本的な用語が多く出題されており、難易度は低めですが、答える際に漢字での解答を求める問題が多く、漢字で書ける力が必要なテストでした。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談