中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > > 2021年度 定期テスト②

    2021年度 定期テスト②
    • 国語
      テスト範囲
      「詩の世界」 「支持する語句と接続する語句」 「大人になれなかった弟たちに…」 「星の花が降るころに」 「方言と共通語」
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:41%記述式:59%
      難易度割合
      簡易:64%通常:25%難問:11%

      学校のノートやプリントに書いてあること、学校のワークの内容がメインのテストでした。
      学校の授業の内容を把握する力が求められるため、学校で配布されたプリントやノートを見直すことはもちろん、授業中に先生が言ったことをしっかりと聞いておく必要がありました。

    • 英語
      テスト範囲
      教科書p30~59 ワーク12~41 並び替えドリルp3~6
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:33%記述式:67%
      難易度割合
      簡易:24%通常:45%難問:31%

      難易度はそこまで高くなく、教科書の基本的な文法と単語が定着していれば点数につながりやすい一方で、穴埋め問題、並び替え問題、英作文問題と、さまざまな形式の問題が出題されているテストでした。
      そのため、ワークなどでさまざまな形式の問題に慣れる必要がありました。

    • 数学
      テスト範囲
      教科書p56~98 ワークp28~54
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:2%記述式:98%
      難易度割合
      簡易:33%通常:46%難問:21%

      ワークや教科書の問題をきちんと演習し、習得しておけば点数を取りやすい一方で、難問題は簡易・通常問題に比べ、とてもレベルが高いテストでした。
      そのため、難問題は、別途ワークや教科書以外の問題集で対策する必要がありました。

    • 理科
      テスト範囲
      教科書p130~176 ワークp58~75,82~85,88~89
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:17%記述式:83%
      難易度割合
      簡易:45%通常:45%難問:10%

      実験器具の名前や基本的な内容を問われる問題が多く出題されているテストでした。
      基本的な用語や知識が求められるため、ワークなどの問題をしっかりと復習しておく必要がありました。

    • 社会
      テスト範囲
      教科書p54~113 ワークp32~59 都道府県 時事問題
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:10%記述式:90%
      難易度割合
      簡易:15%通常:55%難問:30%

      前回のテストに比べ、説明を問う問題が多く出題されていました。
      用語を覚えるだけでは不十分のため、用語の意味やワークの記述問題を多く演習する必要がありました。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談