中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > > 2021年度 定期テスト④

    2021年度 定期テスト④
    • 国語
      テスト範囲
      教科書p148~171、漢字全般、四字熟語、文法全範囲
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:25%記述式:75%
      難易度割合
      簡易:27%通常:49%難問:24%

      学校の授業で取り扱った内容やノートから多く出題されている一方で、作者を問う問題も多く出題されているテストでした。
      文章理解と文学知識の定着が求められるため、教科書をくり返し読むことで内容理解を深めるとともに、便覧に載っている内容を暗記する必要がありました。

    • 英語
      テスト範囲
      教科書~p99、ワーク~p93
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:17%記述式:83%
      難易度割合
      簡易:22%通常:57%難問:21%

      難易度が高い初見の長文が出題されている一方で、熟語・単語、文法(穴埋め・並び替え)は難易度も低く、点数に結びつきやすいテストでした。
      そのため、熟語・単語、文法を教科書、ワークを使ってしっかりと暗記する必要がありました。

    • 数学
      テスト範囲
      1.2.3年生の基本問題、教科書p160~217、ワークp96~125、箱ひげ図
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:5%記述式:95%
      難易度割合
      簡易:30%通常:50%難問:20%

      県立入試に寄せた問題形式のテストでした。
      中学3年間の知識と基礎計算を確実に正答する計算の精度が求められるため、総合問題の県立入試の過去問をくり返し解く必要がありました。

    • 理科
      テスト範囲
      教科書p46~101、250~315、ワークp122~135
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:36%記述式:64%
      難易度割合
      簡易:35%通常:55%難問:10%

      用語を暗記しておけば解ける難易度の低い問題が出題されている一方で、誤ったものを選ぶ問題など、暗記だけでは点数に結びつきにくい問題が出題されているテストでした。
      知識や説明力を求められるため、教科書・ワークをくり返し演習してテスト範囲の理解を深めておく必要がありました。

    • 社会
      テスト範囲
      今までに学習した地理・歴史・公民の全範囲、ワークp28~83
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:20%記述式:80%
      難易度割合
      簡易:20%通常:65%難問:15%

      公民分野は基本的な知識を問う問題が多い一方で、地理・歴史分野は公立入試に寄せた問題傾向になっていました。
      普段のテスト対策だけではなく、県立入試の総合的な問題にも対応しなくては高得点がむずかしいテストでした。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談