中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > 東久留米市立南中学校 > 1学期中間テスト

    2020年度

    1学期中間テスト
    • 国語
      テスト範囲
      「アイスプラネット」「枕草子」「熟語の構成」「生物が記録する科学」
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:19%記述式:81%
      難易度割合
      簡易:59%通常:40%難問:1%

      明確な正答がない、自分で考えて答える問題が2問出ていますが、それ以外は頻出の問題ばかりでした。
      日頃から、授業中の先生の解説をよく聞いて、メモをとっておくことが大切です。そして、テスト前には、そのノートをしっかり振り返って、文章中の「出題されそうなポイント」をしっかりケアしておきましょう。
      漢字・語句の問題も28問出ていますので、事前の漢字練習・語句暗記も忘れずに!


    • 英語
      テスト範囲
      教科書P13まで
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:38%記述式:62%
      難易度割合
      簡易:27%通常:72%難問:1%

      問題数が多めなので、英文法の知識がしっかり定着していて即答できないと時間が足りなくなる恐れがありました。また、文章問題は初見のものが出題されており、しかも内容把握の問題であるため、こちらにも時間をとられます。
      普段から英文法の問題演習を繰り返し知識を定着させるとともに、答えるスピードを速める練習をしておきましょう。また、教科書以外の文章を読む機会を増やし、英文に慣れておきましょう。

    • 数学
      テスト範囲
      第1章「式の計算」 (1年)資料の分析と活用
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:5%記述式:95%
      難易度割合
      簡易:12%通常:76%難問:12%

      範囲の特性上、計算問題主体の問題構成でした。
      ワークや教科書で繰り返し練習しておくことで高得点がとれる問題です。ただ、計算問題にあまり時間をかけてしまうと、最後の二つの大問でよく考える時間がなくなってしまうので、満点に近い点数をとるためには「速く」「正確に」計算する力が問われています。
      復習問題や作図問題も出題されているので、テスト前には既習分野の復習を欠かさずおこなっておきましょう。

    • 理科
      テスト範囲
      「大地の変化」
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:32%記述式:68%
      難易度割合
      簡易:43%通常:42%難問:15%

      問題数が多く、1問1問に時間をかけられない構成です。
      他県で出題された公立入試の問題も含まれており、かなり解きごたえのあるテストになっています。
      事前にしっかり知識を定着させておき、問題集や教科書で問題演習をして慣れておかないと高得点が望めません。
      また、かなり細かい知識を問う問題も出ているため、満点を狙う場合には教科書の隅から隅まで、自分なりにノートにまとめておくなどのテスト対策の工夫が必要です。

    • 社会
      テスト範囲
      歴史教科書p49~108 地理教科書p74~93・128~135
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0
      記述割合
      選択式:24%記述式:76%
      難易度割合
      簡易:38%通常:55%難問:7%

      歴史分野は、範囲が広い分、問題自体は難易度が低めでした。
      ただ学習量は多いので、事前のテスト対策としては、歴史の流れをつかんだ上で、要所要所のポイントをしっかり憶える必要がありました。
      地理分野は、範囲が狭い分、考えさせる問題や、時差の応用問題が出題されました。
      ただいずれも最重要事項が出題されており、教科書等で重要語句を整理することが重要です。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
LINEで相談 お気軽電話相談