中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > > 2021年度 2学期中間テスト

    2021年度 2学期中間テスト
    • 国語
      テスト範囲
      短歌に親しむ、短歌を味わう、言葉の力、類義語・対義語・多義語、盆土産、活用しない自立語、基本文法
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:37%記述式:63%
      難易度割合
      簡易:20%通常:75%難問:5%

      プリント、ノートからの出題が中心となりました。また、一部ワークの問題がそのまま出題されており、事前にワークを含めてまんべんなく勉強をしておく必要があります。中央中の特徴として初見の国文法問題が出題されます。事前にプリントと文法問題集を併用して勉強しておくことで初見の問題に対応できるようにしておきましょう。

    • 英語
      テスト範囲
      教科書P30~43、P50~57
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:15%記述式:85%
      難易度割合
      簡易:44%通常:56%難問:0%

      文法問題、単語問題、長文読解問題、英作文と各分野からまんべんなく出題されています。難易度も基礎的な問題が中心であり、ワークを中心とした演習をこなすことが重要です。長文読解の指示語の問題は板書通りの出題でもあるため、ノートの復習も高得点へのカギとなりました。

    • 数学
      テスト範囲
      教科書~P72、1学期定期テストの内容も含む
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:0%記述式:100%
      難易度割合
      簡易:50%通常:40%難問:10%

      計算問題と文章問題が半分ずつ出題されました。計算問題は基礎的な問題のみでした。文章問題は授業中の解法通りである必要があり、授業中にしっかりとノートを取っているかがカギとなりました。また、1年生の復習範囲からの出題もあり、日ごろからの復習が大切になります。

    • 理科
      テスト範囲
      教科書P91 ~148
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:30%記述式:70%
      難易度割合
      簡易:46%通常:54%難問:0%

      範囲が広かった分、基礎的な出題にとどまりましたので、点を取りやすかったと思います。記述もよくあるパターンの問題になりますので事前のワークでの学習で十分にカバーできるものでした。ワークの演習量が得点に結びつきやすいテストでした。

    • 社会
      テスト範囲
      教科書P180~213、九州地方、中国・四国地方、近畿地方、時事問題
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:20%記述式:80%
      難易度割合
      簡易:100%通常:0%難問:0%

      一問一答形式の問題が数多く出題されました。ワークを繰り返し解いた生徒にとっては非常に得点しやすいテストです。雨温図の問題も一般的によく出題されるパターンのもので、見たことがある問題ばかりが並びました。設問と用語だけでなく、地図やグラフまで目を通しておきましょう。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談