中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > > 2022年度 1学期中間テスト

    2022年度 1学期中間テスト
    • 国語
      テスト範囲
      握手、論語、応用読解問題、文法(1,2年の復習)
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0
      記述割合
      選択式:25%記述式:75%
      難易度割合
      簡易:32%通常:56%難問:12%

      長文読解は標準的な問題が出題されました。応用読解問題は漢文の出題となっており、事前の対策が難しかったと思われます。文法問題は本質的な理解が求められるものとなりました。

    • 英語
      テスト範囲
      教科書P4~P13
      範囲割合
      範囲内:89%範囲外:11%
      記述割合
      選択式:29%記述式:71%
      難易度割合
      簡易:20%通常:69%難問:11%

      学校のワーク、単元プリントからの出題がありました。事前に出題ポイントを教えてくれるため、勉強する内容を絞りやすいテストです。しかし、後半で出題される入試問題は、その場での対応が必要になるため、総合力が試されるテストとなります。

    • 数学
      テスト範囲
      ・教科書p37まで・ワーク(3年)p29まで・ワーク(2年)p118~p135・一部思考判断を問う初見問題
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:0%記述式:100%
      難易度割合
      簡易:18%通常:80%難問:2%

      半分が計算問題、半分が文章題という形でした。展開因数分解の利用の範囲は、ワークの問題に近いものが多かったため、何回もワークを解きなおし、完璧にしておく必要があります。難問を解くにはかなりの応用力が必要です。単語の出題はありません。

    • 理科
      テスト範囲
      ・教科書p8~46・よくわかるp2~13・3年間の総まとめp2~19・便覧
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:29%記述式:71%
      難易度割合
      簡易:7%通常:76%難問:17%

      本番の試験に近いような、暗記だけでは取れないような問題が多く、難易度は比較的高く感じました。全体の4割ほどが復習の範囲で、計算の問題なども出ているので、復習の範囲もしっかりと確認しておく必要があります。

    • 社会
      テスト範囲
      歴史教科書 p,160〜182 時事問題4,5月
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:24%記述式:76%
      難易度割合
      簡易:19%通常:67%難問:15%

      資料を見てワードを答える問題があったので教科書の資料を確認した方が良いテストでした。それぞれの条約の内容を問われる問題が出題されていたので、単語は暗記するだけではなく、意味を理解することも大事です。説明しなさい系の問題は短い文で書くことが出来る簡単な問題が多めです。全体的に基礎単語が問われる問題が多いのでそこを徹底しておきましょう。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談