中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > > 2021年度 1学期中間テスト

    2021年度 1学期中間テスト
    • 国語
      テスト範囲
      見えないだけ、情報整理のレッスン、熟語の構成、自立語、枕草子
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:16%記述式:84%
      難易度割合
      簡易:44%通常:43%難問:13%

      記述問題・作文問題が大半を占めるため、それらが苦手な子には苦労する問題構成です。ワークを繰り返し復習して、実際に書いて答える練習が大切です。また、記述問題は部分点もあるため、学校の授業のノートでポイントを整理し、完答はできなくとも部分点狙いをするのも戦術となります。

    • 英語
      テスト範囲
      LESSON1
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:23.6%記述式:76.4%
      難易度割合
      簡易:17.9%通常:63.9%難問:18.2%

      今年度から「定期テスト」ではなく、「単元テスト」となり、今回は、中間テストとは別に日程でテストが行われました。
      単元別のため、範囲が「LESSON1だけ」となり、勉強する範囲は分かりやすくなりましたが、記述で答える問題・英作文など、暗記などの知識だけでなく、その場で英語で考えて解答しなければならない問題も出題されているため、今まで以上に”深く”勉強しなければ高得点が取れなくなりました。

    • 数学
      テスト範囲
      P12-31(式の計算)
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:8.7%記述式:91.3%
      難易度割合
      簡易:15.6%通常:65.7%難問:18.7%

      中2で学習する範囲だけではなく、これまでに学習した範囲を広く理解していなければ、高得点が狙えないテストとなっています。
      とはいえ、復習問題はあくまでも基礎レベル、また、中2範囲も基礎レベルが多く出題されているため、【基礎レベル】に絞ってしっかりと準備をすることで、ある程度の得点を取ることができます。
      (難しい問題はかなりレベルが高いため、初めから狙わない、という選択肢もアリだと思います)

    • 理科
      テスト範囲
      教科書P6-37,74,76(化学変化と原子分子)
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:3%記述式:97%
      難易度割合
      簡易:51%通常:44%難問:5%

      元素記号や化学式など、暗記ものが多く、事前の準備をしっかり行うことで高得点が期待できる問題でした。一方で、学校の授業独自の問題も出題されているので、教科書やワークだけでなく、学校の授業のノートやプリントをしっかり振り返ることが大切です。化学反応式は実際に書いて確認し、係数や矢印の向きに注意しましょう。

    • 社会
      テスト範囲
      地理教科書P141-155、プリントNo.1~5
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:16%記述式:84%
      難易度割合
      簡易:39%通常:53%難問:8%

      範囲は広くありませんが、その分範囲内の内容が満遍なく出題されています。ほぼ全問にわたって暗記ものであるため、教科書や地図帳で地名や地形名をしっかり暗記しなければいけません。日頃から地図を眺めて全体像を把握しつつ、細かい知識を問題集で繰り返し確認することが高得点への鍵となります。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談