中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > > 2021年度 2学期中間テスト

    2021年度 2学期中間テスト
    • 国語
      テスト範囲
      教科書P92~122.150~157
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:16%記述式:84%
      難易度割合
      簡易:38%通常:46%難問:16%

      範囲が広いうえに、現代物語文と古典が同時に出題されています。また、国文法のなかでも人によっては特に時間がかかる用言が範囲に含まれているため、対策が多岐にわたり、かなりの負担となっています。テスト前だけでは高得点をとるだけの対策が難しいので、日頃から復習をしてノートやプリントを憶えていく必要があります。

    • 英語
      テスト範囲
      教科書P44~68
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:28%記述式:72%
      難易度割合
      簡易:32%通常:52%難問:16%

      範囲が広いため、それに伴って憶えるべき英単語や重要表現も、文法事項も大量となっています。日ごろから暗記物はやっておき、範囲が発表される2週間前からはワーク等で繰り返し問題を解けるようにしておくことが大切です。

    • 数学
      テスト範囲
      教科書P62~110
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:4%記述式:96%
      難易度割合
      簡易:34%通常:54%難問:12%

      計算問題は作図問題は日ごろから様々な問題に触れて速く正確に答えられるように練習しておくことが大切です。1次関数は問題パターンによる解法が決まってくるため、ワークを何度も繰り返して自然と解法が頭に浮かぶまで練習することで高得点を狙うことができます。

    • 理科
      テスト範囲
      (理科A)教科書P80~125 (理科B)教科書230~240
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:25%記述式:75%
      難易度割合
      簡易:35%通常:48%難問:17%

      2分野にまたがる、広い出題範囲です。とはいえ、まずは暗記中心に対策をすすめ、暗記物を大半憶えたところで、ワークを中心に繰り返し解いておくことで高得点が狙えます。仕組みの部分でわからないものがある場合には早めに質問して解決しておくことも大切です。

    • 社会
      テスト範囲
      地理教科書P191~238
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:26%記述式:74%
      難易度割合
      簡易:22%通常:70%難問:8%

      基礎的用語の問題から、グラフや地図の分析問題まで幅広い出題でした。一問一答形式で用語を憶えつつ、事前に配られるまとめプリントを中心に記述問題の対策を重ねておくことが重要です。範囲が広いため、テスト2週間前以前から対策を始めることでじっくりと実力を養えるでしょう。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談