中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > > 2021年度 1学期中間テスト

    2021年度 1学期中間テスト
    • 国語
      テスト範囲
      教科書~p25、28~31、p38~40
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:20%記述式:70%
      難易度割合
      簡易:10%通常:70%難問:20%

      物語文の問題は記述と記号問題が半々くらいで出題されているため、記述問題に時間をかかりすぎないようにするために、ワークの記述問題で何度か答えを書いておく必要があります。また漢字や文法問題は漢字スキルやワーク以外からも出題されているため、漢検の勉強や、学校で行われている漢字100題テストなどの復習を日頃から行っておくと良いでしょう。

    • 英語
      テスト範囲
      Unit1-1~1−4まで
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:20%記述式:80%
      難易度割合
      簡易:20%通常:80%難問:0%

      学校の先生が事前に配布をしているプリント、学校のワークで出題される熟語問題、授業内で書いた英作文を完璧に暗記しておけば、80点以上狙えるテストでした。初見の長文がありましたが、問題の内容はそこまで難易度は高くないので、諦めず読んでいけば解答できる問題もあるでしょう。

    • 数学
      テスト範囲
      教科書p10〜40、ワークp2~31
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:10%記述式:90%
      難易度割合
      簡易:20%通常:70%難問:10%

      応用問題も含め、基本的にはワークから出題されており、ワークのC問題まで手をつけておくことができれば、80点以上狙えるテストでした。一部県立入試に近い応用問題があり、90点以上を狙うためには、北辰テストの問題などを日頃から解いて応用力を身につけておく必要があります。

    • 理科
      テスト範囲
      2年の教科書p248~273、3年生の教科書p7~28
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:20%記述式:80%
      難易度割合
      簡易:10%通常:90%難問:0%

      問題の難易度は比較的簡単なものが多かったですが、範囲が広かったため、対策に時間がかかるテストでした。
      ワークの問題なども、ただ答えを覚えるだけでなく、「右ねじの法則」や「フレミングの法則」などを理解して使いこなせるようになっていないと解答できないようになっていました。ワークの問題を解く際には「なぜこの答えになるのか?」と疑問を持つことが必要です。

    • 社会
      テスト範囲
      教科書p174~211
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:20%記述式:80%
      難易度割合
      簡易:10%通常:90%難問:0%

      資料を使った問題が多く、それらの多くは学校のプリントから出題されているため、学校のプリントで問われている議題に関して日頃の授業で答えられるようにしておくとよいでしょう。さらにワークの基本的な用語をしっかり暗記することができれば高得点が狙えるテストでした。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談