中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > > 2020年度 2学期期末テスト

    2020年度 2学期期末テスト
    • 国語
      テスト範囲
      「シカの落ち穂拾い」「漢字の音訓」「竹取物語」「古事成語」
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:40%記述式:60%
      難易度割合
      簡易:20%通常:80%難問:0%

      現代文・古文・故事成語と、幅広い分野からの出題であったため、満遍なく対策する必要があります。ワークの問題だけでなく、学校のノートやプリントの内容から出題があるため、ノートの内容などを見直し、言葉の意味や解釈に関して確認しとくとよいでしょう。

    • 英語
      テスト範囲
      program7,8,9
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:20%記述式:80%
      難易度割合
      簡易:10%通常:80%難問:0%

      前半の熟語の穴埋め問題、文法問題は、学校のワークからの出題が多く、ワークを繰り返し使って練習しておくことで、対策できるでしょう。後半の文章題は、本文の内容を少し変えた内容のため、本文の内容を丸暗記するのではなく、英文をしっかり訳せるように英単語を憶えつつ、日本語訳の練習をしておく必要があります。

    • 数学
      テスト範囲
      「一次方程式」「一次方程式の利用」
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:3%記述式:97%
      難易度割合
      簡易:30%通常:70%難問:0%

      基本の計算問題が半分近く出題されたため、平均点が高いことが予想されます。80点以上を狙うためには、ワークの文章題を何度を解き直し、問題文の数字を変えられても解けるようにしておく必要があります。

    • 理科
      テスト範囲
      「大地の変化」「物質の姿と状態変化」
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:30%記述式:70%
      難易度割合
      簡易:20%通常:70%難問:10%

      前半の問題は、出題される問題が予告されていたため、答えを丸暗記するくらい練習しておきましょう。また中盤の問題では、入試問題から出題されていて難易度が高いため、習った単元の応用問題まで手をつけておく必要があります。

    • 社会
      テスト範囲
      地理分野「アジア州」「ヨーロッパ州」、歴史分野「飛鳥時代」「奈良時代」
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:20%記述式:80%
      難易度割合
      簡易:10%通常:90%難問:0%

      範囲が幅広く、記述問題が多かったため、難易度の高いテストとなりました。地理分野に関しては、各州の地名だけでなく、気候や産業の特徴まで答えられるようにする必要があります。歴史分野に関しては、人物名・歴史的な事柄の名前だけでなく、その事柄が起きた流れや、法令の内容まで理解しておく必要があります。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談