中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > > 2020年度 2学期中間テスト

    川越市立大東西中学校

    2020年度

    1年生 2020年度 2学期中間テスト
    • 国語
      テスト範囲
      教科書p65~78、p96~117、p240~243 ワークp32~65
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:40%記述式:60%
      難易度割合
      簡易:20%通常:60%難問:20%

      詞・小説・文法など、8単元から出題されていたため、各単元をバランスよく対策する必要がありました。
      また、問題数が多かったため、テスト時間内に解き終わらせることが難しいです。
      ワークの演習とノートの見直しを繰り返し行い、基本的な問題は、スムーズに解答できるようにしておく必要があります。

    • 英語
      テスト範囲
      教科書p38~73、ワークp26~71、語順トレーニングp8~19
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:30%記述式:70%
      難易度割合
      簡易:20%通常:70%難問:10%

      テスト前半の問題は、基本的な内容からの出題が多く、新出単語や文法問題を暗記しておけば解答できるでしょう。
      後半の問題は、30点分の英文を書く問題となっていました。
      そのため、普段から習った文法や単語を用いて、1文全てを書く練習をしておくと良いでしょう。

    • 数学
      テスト範囲
      教科書p72まで、ワークp42まで、計算トレーニング80 No.35まで
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:5%記述式:95%
      難易度割合
      簡易:20%通常:70%難問:10%

      基本的な問題が多く、ワークを繰り返し練習し、解き方を理解しておくことで、80点以上を狙えるテストでした。
      1学期期末テストの内容から出題があり、1学期期末テストのやり直しをしておく必要がありました。

    • 理科
      テスト範囲
      教科書p26~28、p52~59、p92~113、ワークp48~61 補助教材p2~9
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:20%記述式:80%
      難易度割合
      簡易:30%通常:50%難問:20%

      事前に出題される問題が授業内で伝えられているため、その内容の暗記を最優先に進める必要があります。
      また、入試問題からの出題もあるため、範囲の内容と照らし合わせて、範囲内の単元の問題に取り組むと良いでしょう。

    • 社会
      テスト範囲
      【地理】教科書p22~40、ワークp14~27 【歴史】教科書p26~37、ワークp6~11
      範囲割合
      範囲内:95%範囲外:5%
      記述割合
      選択式:30%記述式:70%
      難易度割合
      簡易:20%通常:80%難問:0%

      地理分野、歴史分野共に基本的な単語を問われる問題が多く出題されました。
      単語の意味を説明する問題が多く、教科書の太字の単語は、自分でその単語の意味を説明できるように、練習すると良いでしょう。
      また資料を使った問題も多く出題されており、言葉だけを覚えるのではなく、資料集や地図などを見て国の位置や文化の特徴を覚えておきましょう。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談