中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > > 2022年度 1学期期末テスト

    2022年度 1学期期末テスト
    • 国語
      テスト範囲
      「クマゼミ増加の原因を探る」「具体と抽象」「短歌に親しむ」「短歌を味わう」
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:15%記述式:85%
      難易度割合
      簡易:10%通常:80%難問:10%

      教科書の本文の問題の他に、初見の文章の問題があります。今回は「クマゼミ増加の原因を探る」の繋がりのある文章であったため、ワークで問題を解きなれておくだけでなく、本文の内容を繰り返し読んで理解しておくと解答しやすいでしょう。

    • 英語
      テスト範囲
      Unit1-3~2-3
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:30%記述式:70%
      難易度割合
      簡易:20%通常:80%難問:0%

      前半の筆記問題は、範囲内の本文と文法で用いる重要語句の暗記問題なので、確実にとれるように練習をしておきましょう。後半の問題はワークからの並び替えや事前に内容の予告されている英作文になります。並び替え問題は、日本語文が英訳しづらくなっているため、直訳も合わせて覚えておくと並べ替えしやすくなるでしょう。

    • 数学
      テスト範囲
      「式による説明」「連立方程式」
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:10%記述式:80%
      難易度割合
      簡易:10%通常:80%難問:10%

      7割程度の問題が、学校のワークと同じ問題から出題されています。ワークの問題を繰り返し解いて対策を行いましょう。後半の応用問題は、学校の授業内で使われているトレーニングファイルから数問そのまま出題されているため、答えごと覚えておきましょう。

    • 理科
      テスト範囲
      「化学反応式」
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:10%記述式:90%
      難易度割合
      簡易:20%通常:70%難問:10%

      事前に予告された問題から4割から5割程度の暗記問題が出題されています。問題もそのままなので、必ず覚えておきましょう。後半の問題は、入試の問題から出題されており、ワークの問題だけでは対応できません。入試問題の過去問から、同じ範囲の問題を抜粋して取り組むと良いでしょう。

    • 社会
      テスト範囲
      歴史分野「室町時代〜江戸時代初期」地理分野「日本の気候と人口」
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:20%記述式:80%
      難易度割合
      簡易:10%通常:80%難問:10%

      用語を解答する問題が多く、一問一答形式ではなく、文章中に穴埋めをする形となっています。ワークだけでなく、教科書の太字の部分を前後の文と合わせて繰り返し読んでおくことで、文章の流れで解答できるようにしておくと良いでしょう。地理に関しては用語だけでなく、雨温図など資料を使った問題の練習もしておきましょう。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談