中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > > 2020年度 2学期中間テスト

    川越市立大東西中学校

    2020年度

    3年生 2020年度 2学期中間テスト
    • 国語
      テスト範囲
      教科書p32~42、p58~105、p218~220、ワークp17~24、p34~69
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:30%記述式:70%
      難易度割合
      簡易:20%通常:60%難問:20%

      問題量としては多くないものの、途中で応用問題が出題されているため、後半の漢字や文法問題から先に手を付けると良いでしょう。また、自分で選択肢の中から詞を選び、鑑賞文を書く問題が出題されました。事前に出題予告がされていた問題だったため、アドリブで書くのではなく、テスト対策の際に暗記をしておくことで、点数を獲得することができます。

    • 英語
      テスト範囲
      教科書p24~51、p28~61
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:30%記述式:70%
      難易度割合
      簡易:20%通常:70%難問:10%

      出題範囲の文法問題(語形変化・並び替え・英作文)は、ワークを繰り返し解いて完璧にしておければ、およそ7割の点数が獲得できます。初見の文章題が出題されていましたが、決して難しい単語や文法が使われているわけではないので、諦めずに問題に取り組みむことが、高得点獲得のカギとなります。

    • 数学
      テスト範囲
      教科書p85まで、問題集p96まで
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:5%記述式:95%
      難易度割合
      簡易:20%通常:70%難問:10%

      範囲が85ページと広かったものの、問題集や計算トレーニングからの出題が多かったため、努力した分が点数に繋がりやすいテストでした。1・2年生範囲の計算問題から出題があり、今後も出題される可能性があるため、受験対策も含め、基礎計算のやり方をテスト前に確認しておきましょう。

    • 理科
      テスト範囲
      教科書p88~139
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:20%記述式:80%
      難易度割合
      簡易:30%通常:50%難問:20%

      テスト前に、約70点分、どの問題を出すかを予告されているため、その内容の答えを調べ、暗記しておくことで、平均点以上をとることが可能です。後半は入試問題のため、80点以上を狙う場合は、ワークだけでなく、入試問題で習った単元と重なるものを取り組みましょう。

    • 社会
      テスト範囲
      教科書p198~263 ワークp44~77
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:20%記述式:80%
      難易度割合
      簡易:20%通常:70%難問:10%

      テスト範囲が広く、出題内容も一問一答形式ではなく、年表の穴埋めや論述問題が多かったため、点数の取りにくいテストでした。教科書を何度も読み、歴史の流れを細かく把握しておく必要があります。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談