中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > > 2021年度 1学期中間テスト

    2021年度 1学期中間テスト
    • 国語
      テスト範囲
      野原はうたう、シンシュン、ダイコンは大きな根?、漢字の組み立てと部首、暗唱1~6,作文
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:17%記述式:83%
      難易度割合
      簡易:0%通常:100%難問:0%

      記述の形式が多岐にわたり、苦手な生徒が苦戦を強いられるものとなったように思います。一方で、ワークから出題されたもの、漢字問題は確実に得点できました。記述形式で問われている内容は、一部実力を試す問題がありましたが、出題パターンは一貫しているので、通常レベルと言えます。教科書準拠の問題集を様々解いて慣れていく必要があります。

    • 英語
      テスト範囲
      アルファベット、コミュニケーションイングリッシュ、I am, You are、辞書の使い方
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:42%記述式:58%
      難易度割合
      簡易:89%通常:11%難問:0%

      1年生の1学期中間テストということでアルファベット中心の満点が取れるテストでした。それゆえに、採点の厳しさが目立ちました。特にアルファベットの形が細かく採点される、ピリオド、カンマの減点もありました。基本的な問題であっただけに、少しのミスが大きく影響を及ぼしました。

    • 数学
      テスト範囲
      正負の数、四則演算
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:0%記述式:100%
      難易度割合
      簡易:80%通常:20%難問:0%

      正負の数の計算問題が中心となり、高得点が取りやすいテストでした。それゆえに日ごろの計算練習の成果が如実に表れる結果となりました。最後の応用問題は問題集から出題されており、問題の解きなおし、自力で解答を作る練習ができた生徒が100点を取ることができました。

    • 理科
      テスト範囲
      実験の注意点、実験器具の使い方、植物の分類
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:52%記述式:48%
      難易度割合
      簡易:23%通常:76%難問:2%

      ワークを繰り返し解いておけば、80点以上を取ることができる基本が問われる問題でした。最初の問題は理科の授業を受けるための心構えを問う問題が出題されており、初期の授業時のプリントまで勉強すべき内容でもありました。一部、教科書やワークには出題されていない雑学的な問題もあり、満点阻止の狙いを感じるものもありました。

    • 社会
      テスト範囲
      年代の表し方、人類の出現、古代文明と私たちのくらし、都道府県
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:67%記述式:33%
      難易度割合
      簡易:0%通常:100%難問:0%

      教科書とワークから出題されているオーソドックスなテストでした。しかし、出題形式は入試を意識しており、資料や読み取り問題が多数出題されました。一問一答形式では対応できない問題も比較的多く出題されており、ワークの問題を繰り返し解くと同時に様々な問題に触れることで対応力を磨くことが重要となってきます。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談