中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > > 2021年度 1学期中間テスト

    2021年度 1学期中間テスト
    • 国語
      テスト範囲
      アイスプラネット、枕草子、文法、熟語の構成
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:76%記述式:24%
      難易度割合
      簡易:0%通常:85%難問:15%

      選択形式の問題が多く出題されており、読解問題は教科書とワークの内容を解説まで読み込んでいると得点しやすかったと思います。また、漢字や知識の問題も多く出題されており、暗記した量が点数に反映しやすいテストとなりました。

    • 英語
      テスト範囲
      Program1,2, 語順ドリル1,英作文
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:56%記述式:44%
      難易度割合
      簡易:0%通常:88%難問:12%

      文法が中心で特に接続詞の型を事前に練習できた生徒にとっては点数が取りやすいテストだったと思います。英作文も教科書の内容からの出題でこちらも事前に英文を作り、英語の先生に添削をしてもらうことで、満点を狙えます。

    • 数学
      テスト範囲
      連立方程式、資料の活用
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:0%記述式:100%
      難易度割合
      簡易:0%通常:100%難問:0%

      連立方程式の基本計算が中心となったテストでした。一部応用問題の出題がありましたが、いずれも問題集からの出題であり、事前の対策がしやすかったと思います。点数が取りやすいテストであっただけに、ケアレスミスが大きく影響を与える結果となりました。

    • 理科
      テスト範囲
      化学式、化学変化
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:17%記述式:83%
      難易度割合
      簡易:37%通常:63%難問:0%

      化学分野の基本からまんべんなく出題されておりました。その中でも、物質の分類は暗記ではなく、理解に基づいた勉強が必要となりました。また、基本的な化学反応式の出題もあり、ワークを繰り返し解いた生徒が得点しやすいテストでした。

    • 社会
      テスト範囲
      ユーラシアの動きと武士の政治、オセアニア、地形から見た日本の特色
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:33%記述式:67%
      難易度割合
      簡易:0%通常:100%難問:0%

      教科書の重要語句、基本事項、ならびに問題集からの出題が中心となっており、一問一答形式で対応できるものも多く、演習量、暗記力が物をいうテストでした。1年生の内容が出題されており、その部分まで漏らさず復習ができるかどうかがカギとなりました。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談