中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > > 2022年度 1学期中間テスト

    2022年度 1学期中間テスト
    • 国語
      テスト範囲
      見えないだけ、アイスプラネット、クマゼミ増加の原因を探る、枕草子、熟語の構成
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:5%記述式:95%
      難易度割合
      簡易:25%通常:75%難問:0%

      教科書本文が多く掲載されていますが、解答に必要な個所は限定的で、かつ記述も比較的短めなため、事前に教科書の読み込みがしてあれば、得点しやすいテストです。作文の出題もあるため、日ごろから書き慣れている必要があります。

    • 英語
      テスト範囲
      1年生の副種、Program1~2、イースターについて(ネイティブの先生との授業内容)
      範囲割合
      範囲内:98%範囲外:2%
      記述割合
      選択式:72%記述式:28%
      難易度割合
      簡易:17%通常:74%難問:9%

      問題数が多いため、事前の準備をしっかりとしておく必要があります。範囲内の本文を覚える、文法について理解し英作文までできるようにする、事前に告知されたテーマについて作文をすることができるなどが必要です。選択問題が多いため、解答できる問題は多いですが、理解していないと解答が困難な問題が多いです。記述問題は英作文が中心のため、穴埋めではなく一文を書けるように心がけて勉強すると良いです。

    • 数学
      テスト範囲
      【1年】教科書p.214~239、ワークp.136~147,150,151 【2年】教科書p.10~33、ワークp.4~29
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:23%記述式:77%
      難易度割合
      簡易:19%通常:65%難問:15%

      難易度の高い問題は多くなく、用語の意味を理解して教科書やワークの基本的な問題を解くことが出来れば8割は確実に取れるような内容でした。そのため、この先も基礎的な計算を徹底的に練習することが大事になります。また、初見で解けないような応用問題は無く、更に高得点を狙う場合にはワークのC問題や教科書の章末問題等まで手をつける事で対策が出来ます。

    • 理科
      テスト範囲
      教科書P2~P44 ワーク P2~P19
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:24%記述式:76%
      難易度割合
      簡易:20%通常:71%難問:9%

      単語・記号で解答する問題は解答しやすい問題が多く、記述式の問題は理由を問う問題が多いです。範囲内の実験や操作を行う理由や暗記事項についても説明を含めて暗記をしておく必要があります。一問一答に加えて、その理由を説明できるようにしておくと良い準備をしてテストに臨めます。

    • 社会
      テスト範囲
      歴史:室町幕府の政治の仕組み、室町文化、地理:地形、気候、資源、エネルギーから見た日本の姿、雨温図、人口ピラミッド
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:35%記述式:65%
      難易度割合
      簡易:20%通常:70%難問:10%

      基本的な用語を問う問題、地図や資料から読み取る問題など、教科書に載っているものからの出題が中心となりました。用語を答える問題は漢字指定があるため、日ごろから漢字で書いて覚える必要があります。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談