中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > > 2022年度 定期テスト①

    2022年度 定期テスト①
    • 国語
      テスト範囲
      「シンシュン」 「ダイコンは大きな根?」 「ちょっと立ち止まって」 漢字スキル1~7
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:37%記述式:63%
      難易度割合
      簡易:10%通常:75%難問:15%

      選択問題が多く出題されている一方で、難易度が高めな記述問題も多く出題されていました。
      文章を理解した上で、文字数に合わせて表現をする力が求められるため、ワークをくり返し演習することで問題形式や表現の仕方を定着させる必要がありました。

    • 英語
      テスト範囲
      教科書p~45 ワークp~37
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:24%記述式:76%
      難易度割合
      簡易:10%通常:62%難問:28%

      初見の長文や英作文など、中学校最初のテストにしては難易度は高めの問題が多く出題されていました。
      基礎学力以上の力が求められるため、小学校の時に学習した内容も復習する必要がありました。

    • 数学
      テスト範囲
      教科書p10~55 ワークp2~27 授業で使ったプリント
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:0%記述式:100%
      難易度割合
      簡易:47%通常:28%難問:25%

      正負の基礎計算が全体の約50%の配点を占めているテストでした。
      高い正答率が求められるため、ワークをくり返し演習することでケアレスミスをなくす必要がありました。
      また、正負の概念を理解していないと解くことができない問題も多く出題されているため、教科書内容を理解しておく必要がありました。

    • 理科
      テスト範囲
      教科書p2~63
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:12%記述式:88%
      難易度割合
      簡易:17%通常:63%難問:20%

      基本的な内容が多く出題されている一方で、説明を問う問題が多く出題されているテストでした。
      より深い内容理解が求められるため、教科書をくり返し読み、用語だけではなく内容も理解しておく必要がありました。

    • 社会
      テスト範囲
      【地理】教科書p6~73 ワークp2~41 白地図p1~7 時事問題
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:16%記述式:84%
      難易度割合
      簡易:10%通常:85%難問:5%

      教科書の太字など基本的な用語が多く出題されているテストでした。
      基本知識の定着を求められるため、ワークをくり返し演習することで、用語の暗記をしておく必要がありました。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談