中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > > 2020年度 定期テスト④

    2020年度 定期テスト④
    • 国語
      テスト範囲
      教科書p142~164,192~210,244~249 漢字スキルp26~37 文法ワークp20~35
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:10%記述式:90%
      難易度割合
      簡易:20%通常:70%難問:10%

      テストを作る先生が変わったことで、前回までのテストと比べて中学校の先生特有の問題が減っていた一方で、記述問題が前回までのテストより増えていました。
      時間内にテストを終わらせるために記述の問題を演習する必要がありました。

    • 英語
      テスト範囲
      教科書~p105 ワーク~p115
      範囲割合
      範囲内:80%範囲外:20%
      記述割合
      選択式:20%記述式:80%
      難易度割合
      簡易:20%通常:50%難問:30%

      ワーク・教科書本文内容から出題されており、くり返し演習を行っていれば点数につながりやすい一方、中学1年生からの復習からも出題されていました。
      そのため、中学1年生の文法・単語も定着していないと高得点は難しいテストでした。

    • 数学
      テスト範囲
      教科書103~166 ワークp69~103,106~112
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:0%記述式:100%
      難易度割合
      簡易:30%通常:60%難問:10%

      三角形の合同条件や角度を求める問題などは、基本的な知識で解くことができる問題が多く、低めの難易度に設定されたテストでした。
      基本となる三角形の合同条件の暗記は必須のため、ワークの基本問題をくり返し演習することで合同条件を定着させる必要がありました。

    • 理科
      テスト範囲
      教科書p182~243 ワークp90~125
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:25%記述式:75%
      難易度割合
      簡易:25%通常:50%難問:25%

      電気の基礎知識を答える問題が出題されました。
      日頃から授業で習った事項を、ワークなどで繰り返し暗記し、基礎知識を定着させておくことが大切です。
      また、今回は『オームの法則』の計算問題が数多く出題されているため、解法や計算方法をしっかり身につける必要がありました。様々なパターンの問題に対応できるよう、ワークだけでなく様々な問題集を使って演習しておくことが高得点の鍵となりました。

    • 社会
      テスト範囲
      地理 「北海道地方」、「地形図読み取り方」  歴史 「近世の日本」
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:30%記述式:70%
      難易度割合
      簡易:15%通常:50%難問:35%

      選択問題よりも記述問題が多く出題されたテストでした。
      一問一答形式のような用語を覚えるだけでなく、人物や事例を説明できる力が求められるため、「誰が」「何をしたか」をセットで暗記をすることが必要でした。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談