中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > > 2021年度 定期テスト②

    2021年度 定期テスト②
    • 国語
      テスト範囲
      「クマゼミ増加の原因を探る」 「短歌に親しむ」 「短歌を味わう」 「言葉の力」 「盆土産」 漢字スキルp8~18 文法(活用しない自立語)
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:30%記述式:70%
      難易度割合
      簡易:20%通常:40%難問:40%

      40字以上と文字数が多い記述問題が多く出題されていたテストでした。
      段落などを要約する力が求められるため、教科書内容を把握しておくことはもちろん、ワークなどで文字数の多い記述問題の演習を行う必要がありました。

    • 英語
      テスト範囲
      教科書p29~58 ワークp30~61
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:22%記述式:78%
      難易度割合
      簡易:15%通常:55%難問:30%

      前回のテストに比べ、問題数が多くなっていました。
      時間内に問題を解くスピードが求められるため、普段の学習から時間配分を気にしながら演習する必要がありました。
      また、学校の授業中に配布されたプリントから多くの問題が出題されているため、配布されたプリントを復習することは必須です。

    • 数学
      テスト範囲
      教科書p46~83 ワークp28~54
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:8%記述式:92%
      難易度割合
      簡易:27%通常:49%難問:24%

      回答に時間がかかる問題が多く、問題数も多いテストでした。
      問題を解くスピードが求められるため、計算速度と正答率の向上はもちろん、ワークや予想問題で時間配分に慣れておく必要がありました。

    • 理科
      テスト範囲
      教科書p2~17、174~207 ワークp2~7、96~119
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:15%記述式:85%
      難易度割合
      簡易:37%通常:53%難問:10%

      問題数が多く問題を解くスピードが求められる一方で、難易度は低めの問題が多いテストでした。
      そのため、ワークなどでくり返し演習を行うことで、問題に慣れておく必要がありました。

    • 社会
      テスト範囲
      地理の教科書p179~225 ワークp28~53 定期テスト①から10題出題 時事問題
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:15%記述式:85%
      難易度割合
      簡易:30%通常:60%難問:10%

      基本問題が多く出題されている一方で、中国四国地方の気候の説明や用語の意味を問う問題も出題されていました。
      そのため、ワークの用語を覚えるだけでなく、地方の気候の説明・用語の意味をノートや教科書で見直す必要がありました。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談