中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > > 2022年度 定期テスト③

    2022年度 定期テスト③
    • 国語
      テスト範囲
      モアイは語る、敬語、平家物語、徒然草、漢字
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:18%記述式:82%
      難易度割合
      簡易:28%通常:57%難問:15%

      難易度が高い内容を問う問題は、選択問題が多く、正答しやすい一方で、30文字以上の記述問題が多数出題されており、時間配分を考えなくてはいけないテストでした。
      書き抜きや自分の言葉をまとめて問題を解く力が求められるため、普段の学習から記述問題を多く解いておく必要がありました。

    • 英語
      テスト範囲
      教科書p48~57、ワークp48~61
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:26%記述式:74%
      難易度割合
      簡易:16%通常:72%難問:12%

      今回の範囲の単語、文法、教科書本文が満遍なく出題されているテストでした。
      比較の文法の知識の定着が求められるため、ワークをくり返し演習しておく必要がありました。

    • 数学
      テスト範囲
      教科書p58~93
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:3%記述式:97%
      難易度割合
      簡易:19%通常:51%難問:30%

      基礎問題が半分近く出題されており、点数を取りやすい一方で、応用問題は新出問題の出題が多く、内容を理解しておかなければ点数が取れないテストでした。
      そのため、教科書・ワークの問題をくり返し演習することで理解を深めておく必要がありました。

    • 理科
      テスト範囲
      生物分野 教科書p50~59、ワークp18~31 エネルギー分野 教科書p212~247、ワークp92~125
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:5%記述式:95%
      難易度割合
      簡易:35%通常:40%難問:25%

      回路図を中心とした計算問題が多く出題されているテストでした。
      オームの法則や公式などを使い計算する力が求められるため、ワークをくり返し演習しておき、様々なパターンに対応できるように対策する必要がありました。

    • 社会
      テスト範囲
      教科書p209~256(近畿~東北)、ワークp40~65、時事問題
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:20%記述式:80%
      難易度割合
      簡易:26%通常:58%難問:16%

      前回のテスト同様にワークに載っている地図、資料を読み取る問題が多く出題されているテストでした。
      実際に使える知識を求められているため、ワークをくり返し演習して資料を読み取る力をつける必要がありました。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談