中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > > 2020年度 1学期期末テスト

    2020年度

    2020年度 1学期期末テスト
    • 国語
      テスト範囲
      野原はうたう、花曇りの向こう、ダイコンは大きな根?、ちょっと立ち止まって、話し言葉と書き言葉
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:30%記述式:70%
      難易度割合
      簡易:30%通常:64%難問:6%

      選択式問題の出題率は高くありませんが、事前に範囲が分かっている漢字の問題や、"書き抜き”問題が出題されています。普段の学校に授業をよく聞き、テスト前にじっくりと勉強ができていれば、高得点が狙えるテストです。

    • 英語
      テスト範囲
      P8~11,12~13,17,20~33
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:10.6%記述式:89.4%
      難易度割合
      簡易:8.5%通常:91.5%難問:0%

      テストで高得点を取るためには、アルファベットのみならず、単語や様々な表現の暗記が必要なテストです。しかし、逆に言えば、『しっかり覚えていれば高得点が十分に高得点が狙えるテスト』なので、テスト直前だけでなく、日々の努力が重要となります。

    • 数学
      テスト範囲
      第1章 正負の数
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:4.2%記述式:95.8%
      難易度割合
      簡易:33.3%通常:37.5%難問:29.2%

      言葉の問題から応用問題まで、幅広いレベルの問題が見られます。後半は数学的な力を問われる問題、レベルの高い計算問題が多く、序盤で、いかに点数を落とさずに得点できるか、そして応用問題を着実にクリアできるかが、高得点を取るカギとなります。

    • 理科
      テスト範囲
      単細胞生物~被子植物
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:25.7%記述式:74.3%
      難易度割合
      簡易:0%通常:85.7%難問:14.3%

      決して範囲は狭くないものの、基礎的な知識を問われる問題が多かったです。記述式の問題に関しても、ワークや配布されるプリントをしっかり解いて暗記していれば、問題なく得点できる内容となっています。学校の授業、ワーク・プリントの反復練習を行い、高得点を取るための準備をしましょう。

    • 社会
      テスト範囲
      地理:教科書P5~20 歴史:教科書P8~9,19~31
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:13.3%記述式:86.7%
      難易度割合
      簡易:0%通常:76.7%難問:23.3%

      基礎的な事項を暗記することはもちろんですが、"~という形で、簡潔に書きなさい”というように、条件が入る記述問題の対策が必要です。一問一答でただ単に暗記するのではなく、事項の説明をする練習、自分の考えをアウトプットする練習も、高得点ゲットへの大きな材料となります。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談