中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > > 2020年度 2学期中間テスト

    2020年度

    2020年度 2学期中間テスト
    • 国語
      テスト範囲
      詩の世界、空を見上げて、星の花が降るころに、大人になれなかった弟たちに・・・
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:26.9%記述式:73.1%
      難易度割合
      簡易:28.8%通常:53.8%難問:17.3%

      序盤の漢字にはじまり、随所で"覚えていれば”点数になる問題が随所に見られます。しかし、全体の問題数が多いため、“その場で考える時間”はあまりとることができません。また、記述問題では、書き抜き問題のほかに、説明する問題、要約して解答する問題も含まれています。知識問題は、テストで即答できるレベルまで暗記を繰り返し、記述問題では、設問に対して適切にな解答をできる練習が必要となります。

    • 英語
      テスト範囲
      P34~59 (48~49は除く)
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:10.2%記述式:89.8%
      難易度割合
      簡易:8.5%通常:72.9%難問:18.6%

      リスニング以外は、〇×問題、並べ替え問題以外はすべて記述問題となっており、"書く”ことができなければ、点数を取ることは難しいテスト構成となっています。問われている内容のレベル自体は総じて高くありませんが、単語・重要表現・質問応答・英作文・文法、すべてにおいて【意味が分かり、なおかつライティングできる】状態にすることが、高得点を得るための絶対条件となります。

    • 数学
      テスト範囲
      正負の数、文字の式、方程式(P87まで)
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:20.5%記述式:79.5%
      難易度割合
      簡易:20.5%通常:66.7%難問:12.8%

      学校の教科書に加えて、ページ数は多いですが、ワークの問題を繰り返し時、完璧な状態までもっていくことができれば、高得点を取ることが期待できるテスト構成となっています。そのため、テスト前には、教科書とワークを何週もし、分からない問題を0にすること。そして、当日、計算などで些細なミスをしないような準備が必要となります。

    • 理科
      テスト範囲
      教科書P68~90、補助教材、問題集
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:13%記述式:87%
      難易度割合
      簡易:45%通常:49%難問:6%

      実験器具の使い方など、基礎知識を記述式で答える問題が多く、また基礎知識の周辺知識も問われていました。問題数は多すぎるというほどではありませんが、記述問題が多いため、理科が苦手という子には辛い問題構成だったかもしれません。
      基礎知識は一問一答形式ではなく、周辺知識もまとめて憶えることで効率良く対策ができます。また、演習問題は頭の中で答えるだけではなく、必ず1~2回は書いて答えることで、より正確に記述問題に正答できるように練習しましょう。

    • 社会
      テスト範囲
      地理:教科書P21~53,ワーク、問題集 歴史:P32~43、資料集、ワーク
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0&
      記述割合
      選択式:35.1%記述式:64.9%
      難易度割合
      簡易:13.5%通常:59.5%難問:27%

      グラフや表の読み取り問題、自分の意見を問われる問題など、入試で頻出される形式での出題が多くされています。そのため、日ごろから、暗記だけではなく、“実戦練習”で正答する力を養うことが必要です。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談