中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > > 2020年度 1学期期末テスト

    2020年度

    2020年度 1学期期末テスト
    • 国語
      テスト範囲
      教科書P16~29,32~33,39~50,56~62,112~115,176~177,234~236,漢字
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:34.2%記述式:65.8%
      難易度割合
      簡易:26.3%通常:63.2%難問:10.5%

      長文問題が多いため、事前にある程度本文の内容を覚えておかないと、時間が足りなくなる作りとなっています。また、各長文の最後に出題される“書きなさい”問題では、本文の要約、自分の考えを簡潔にまとめる力、更に、指定されたワードを入れて解答しなければならないものもあるので、日頃からの入念な準備が必要となります。

    • 英語
      テスト範囲
      P6~27,28の文法
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:10%記述式:90%
      難易度割合
      簡易:25%通常:65%難問:10%

      大問5・6で条件作文(4文・2文)が出題されましたが、総じて範囲の文法と単語・重要表現、教科書本文の内容で問題が構成されており、平均的なレベルのテストとなりました。単語・重要表現・教科書本文の暗記、文法の繰り返し演習など、基本に忠実にテストの用意をすることで、高得点ゲットを狙うことができます。

    • 数学
      テスト範囲
      中1範囲:球の表面積と体積、資料の分布と活用 中2範囲:式の計算
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:16.2%記述式:83.8%
      難易度割合
      簡易:21.6%通常:64.9%難問:13.5%

      総じて平均的なレベルのテストとなりました。ただし、範囲が広く、更に、各単元をしっかりと理解していないと、点を積み重ねることができないのと、計算問題が多いので、一つの計算ミスが合計点に大きな打撃を与えてしまいます。学校のワークと教科書を何度も解き、かつ計算ミスにも気をつける勉強を普段から練習する必要があります。

    • 理科
      テスト範囲
      大地の変化、化学変化と原子・分子
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:37%記述式:63%
      難易度割合
      簡易:11.1%通常:74.1%難問:11.1%

      記述や計算問題も出題されましたが、総じてレベルは高くなく、学校の授業プリントからの出題が多いテストとなりました。ただ、当然、しっかり覚えた上で問題をしっかり解く”アウトプット”の繰り返しが、着実に高得点を取るために必要となります。

    • 社会
      テスト範囲
      地理:教科書P128~151 歴史:P100~115
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:16%記述式:84%
      難易度割合
      簡易:0%通常:92%難問:8%

      地理:問題のレベルは高くありませんが、記述式の問題が出題されており、ポイントを抑えて説明をしなければならず、解き慣れていないと正当が難しい問題です。
      歴史:一問一答形式の問題が多く、知識があればあるほど高得点が狙い安いテストとなりました。
      地歴共に、教科書だけでなく、資料集に書かれている詳しい内容もしっかりと抑える弁妙が必要となります。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談