中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > > 2021年度 1学期中間テスト

    2021年度 1学期中間テスト
    • 国語
      テスト範囲
      アイスプラネット、枕草子、文法、熟語の構成
      範囲割合
      範囲内:0%範囲外:100%
      記述割合
      選択式:34%記述式:66%
      難易度割合
      簡易:46%通常:56%難問:0%

      漢字や文法の問題が多く、暗記力を試されるテスト構成です。読解問題は記述問題と選択問題がバランスよく出題されていました。文法問題は初見の問題が出題されますが、学校のプリントの類題です。文法ノートを使いながら選択肢の一つひとつを見ていくと解けます。

    • 英語
      テスト範囲
      be動詞の過去形、過去進行形、
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:48%記述式:52%
      難易度割合
      簡易:0%通常:87%難問:13%

      教科書本文、単語、熟語表現がしっかりと出題されていますので、教科書と学校のワークを丁寧に取り組んだ生徒にとっては比較的点数が取りやすい出題となっております。和文英訳問題が出題される傾向にありますが、学校の授業で事前に触れているものが多く、プリントの復習を徹底することで満点が狙えるものとなっています。

    • 数学
      テスト範囲
      教科書P33まで(等式の性質を除く)、空間図形、資料の活用
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:18%記述式:82%
      難易度割合
      簡易:0%通常:100%難問:0%

      難問と呼べる問題がなく、解きやすい問題が多かったです。ワークからの出題も多く、勉強しやすいテスト内容でした。応用問題として問題集のC問題からの出題がありますが、ほぼそのまま出てくるので解法を暗記してしまうくらいまでやりこむと得点源となります。

    • 理科
      テスト範囲
      化合、化学変化、酸素が関わる化学変化
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:21%記述式:79%
      難易度割合
      簡易:10%通常:80%難問:10%

      全体的に基本的な内容を問う問題でした。一部思考力を問われる問題があり、基本的な用語の意味を理解したうえで適切な判断が必要な問題がありました。化学式、化学反応式は例年通りの基本的なものが出題されており、化学反応式は完全に暗記して臨みたい所です。

    • 社会
      テスト範囲
      都道府県、県庁所在地、時事問題
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:52%記述式:48%
      難易度割合
      簡易:0%通常:100%難問:0%

      選択問題の割合が多く、学校のワークからの出題が多くなされていました。「覚えている」数が多い方が有利なテスト内容でした。一方で、時差の計算では初見の問題があり、ワークに出題されているものを改題したものになりますので、答えの暗記にとどまらない学習が必要になります。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談