中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > > 2021年度 1学期中間テスト

    2021年度 1学期中間テスト
    • 国語
      テスト範囲
      【読解古典】「握手」「論語」「応用読解問題」【文法・言語】1・2年生の復習問題【漢字】1回~4回
      範囲割合
      範囲内:70%範囲外:30%
      記述割合
      選択式:58%記述式:42%
      難易度割合
      簡易:36%通常:52%難問:12%

      論語に関しては事前に書き下し文と基本的な決まり事を覚えていれば難なく解けた問題ばかりでした。握手に関しても、ワークや学校の授業で触れた内容が比較的そのまま出題された形となりました。一方で文法問題は事前のプリントで出された問題の改題が多く出題され、文法事項の根本的な理解が問われる問題でした。

    • 英語
      テスト範囲
      現在完了形、現在完了進行形、tell人to~, It for 人 to、接続詞のthatの文
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:23%記述式:77%
      難易度割合
      簡易:46%通常:54%難問:0%

      リスニング問題が初見の問題で苦手な生徒は苦戦を強いられたかと思いますが、難易度は普通レベルです。埼玉県の公立高校の入試に形式を寄せた形となっています。筆記の部では奇をてらった問題は一切なく、基本的な文法知識があれば難なく解けるものです。最後の記述は、学校の授業で配られたプリントからの出題となり、そこまで徹底して勉強できたかどうかがカギとなりました。

    • 数学
      テスト範囲
      乗法公式、因数分解
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:0%記述式:100%
      難易度割合
      簡易:0%通常:88%難問:12%

      基礎の計算問題が中心となった試験でした。難問もほとんどなく、点数の取りやすいテストでした。大問6の応用問題もワークからの出題となっており、また証明も完全記述ではなく、穴埋め形式となっていたため、こちらも点数が取りやすい問題でした。

    • 理科
      テスト範囲
      2年:電流と磁界、3年 第一章 水溶液とイオン、最近の科学ニュース
      範囲割合
      範囲内:95%範囲外:5%
      記述割合
      選択式:12%記述式:88%
      難易度割合
      簡易:46%通常:54%難問:0%

      2年生の範囲も3年生の範囲も用語を暗記していたかどうかが大きな差になったテストです。範囲内の問題はワークと積み上げプリントを繰り返しやることで満点を取ることができる問題ばかりでした。一部1・2年の復習問題が出題されておりましたが、総仕上げ問題集からの出題でしたので、こちらもしっかりと解いていた生徒は高得点を取りやすい問題でした。

    • 社会
      テスト範囲
      時事問題、生産量、気候、東北地方、ヨーロッパ近代革命、開国前後の日本
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:47%記述式:53%
      難易度割合
      簡易:0%通常:100%難問:0%

      教科書、ワークからの出題が中心のテストでした。大問1の時事問題は対話形式になっており、入試問題を意識した新傾向の出題になりました。しかし、問われている時事問題は有名なものばかりで、事前にネットニュース等で確認できるものばかりでした。人名、地名などを書かせる問題も多く、読み方と漢字をしっかりと覚えていた生徒は点数が取りやすかったと思います。ワークで分からない部分は教科書で確認しておくことで、抜け漏れを防げる内容となっていました。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談