中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > > 2022年度 1学期期末テスト

    2022年度 1学期期末テスト
    • 国語
      テスト範囲
      作られた物語を超えて、俳句、応用読解問題、文法復習問題
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:15%記述式:85%
      難易度割合
      簡易:20%通常:60%難問:20%

      「作られた物語を超えて」の本文からの出題の他に初見の文章題が出ました。暗記に頼った勉強ではなく、初見の問題に取り組むといった練習を普段からしていく必要があります。俳句の問題は事前のプリントから、文法問題は授業内のプリントの類似問題が出題されており、こちらも本質的な理解が求められます。

    • 英語
      テスト範囲
      Program2~3、現在完了、間接疑問文、熟語表現、英作文「好きなものを紹介」
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:30%記述式:70%
      難易度割合
      簡易:50%通常:50%難問:0%

      全体的に知識を問う問題が多く出題されていました。熟語表現は中1・2年の範囲からの出題もあり、まんべんなく対策するのが難しかったように思います。しかし、出題されている問題はいずれも入試基本レベルなので、日頃から勉強を重ねておきたいところです。

    • 数学
      テスト範囲
      中1・2の復習問題、平方根
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:10%記述式:90%
      難易度割合
      簡易:40%通常:50%難問:10%

      中3生の平方根の基礎計算に加え、比例、円錐の体積、確率といった計算問題が出題されました。いずれも難易度はふつうレベルなので、確実に得点しておきたいところです。平方根の文章題はオーソドックスな問題ばかりであり、事前にワークなどで対策がしやすかったと思われます。

    • 理科
      テスト範囲
      イオン、凸レンズ、火成岩、火山の噴火、酸化銅の実験
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:10%記述式:90%
      難易度割合
      簡易:15%通常:60%難問:25%

      凸レンズ、火山と火成岩、酸化銅の実験と復習範囲で約50点分の出題があり、対策が難しい試験でした。復習範囲に関してはワークからの出題が中心ですが、作図や記述、計算問題もあるので、苦手な生徒は早めに手を付けておくべきです。イオンの範囲は、記述が9問出題されており、単純な用語の暗記だけでは難しかったように思います。

    • 社会
      テスト範囲
      第一次世界大戦、第二次世界大戦、ニューディール政策
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:15%記述式:85%
      難易度割合
      簡易:40%通常:60%難問:0%

      一問一答形式の問題が多く出題されており、努力量が結果につながりやすい試験でした。資料問題は、教科書のものから出題されており、教科書の勉強もしっかりとしておく必要があります。年表問題は年号を覚えるのではなく、時系列で出来事を捉える練習をすることで得点できます。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談