中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > > 2022年度 2学期期末テスト

    2022年度 2学期期末テスト
    • 国語
      テスト範囲
      教科書p106~149 漢字スキルp30~37 ワークp68~90
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:18%記述式:82%
      難易度割合
      簡易:38%通常:48%難問:14%

      記述問題が多く、さらには放送問題、作文が出題されており、時間配分が難しいテストでした。
      短時間で文章を読み、回答する力が求められるため、教科書、ワークをくり返し演習しておき、今回のテスト範囲の内容を定着させておく必要がありました。

    • 英語
      テスト範囲
      教科書p64~88 ワークpp62~82 単語プリント
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:30%記述式:70%
      難易度割合
      簡易:15%通常:60%難問:25%

      文法の問題は、教科書やワークの基本文レベルの問題が多く、点数につながりやすい一方で、重要表現や英作文の配点が高く、テスト範囲内の英単がはもちろんのこと、今まで学習してきた英単語の定着ができていないと高得点はねらいにくいテストでした。
      そのため、普段の学習から英単語の定着を意識する必要がありました。

    • 数学
      テスト範囲
      教科書p112~145、ワークp80~97、DASH46~55
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:12%記述式:88%
      難易度割合
      簡易:46%通常:23%難問:31%

      表面の基礎問題はワーク内容がメインで点数を取りやすい一方で、裏面は応用問題となっており基礎問題だけの対策では点数が伸びないテストでした。
      そのため高得点を狙うためには、教科書の章末問題などを用いて、比例反比例の内容を深く理解しておく必要がありました。

    • 理科
      テスト範囲
      教科書p130~164 ワークシート9~11
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:10%記述式:90%
      難易度割合
      簡易:20%通常:52%難問:28%

      用語を問う問題よりも実験内容を問う問題が多く出題されているテストでした。
      実験における知識が求められるため、学校での実験を積極的に参加し、実験の意図を理解する必要がありました。

    • 社会
      テスト範囲
      教科書p44~73 ワークp14~31
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:4%記述式:96%
      難易度割合
      簡易:10%通常:54%難問:36%

      前回のテストと比べて問題の難易度が上がり、前回と同じような対策では点数が取りにくいテストでした。
      歴史の深い知識までの定着が求められるため、資料集なども見直し、配布されたすべてのものを理解しておく必要がありました。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談