中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > > 2020年度 2学期期末テスト

    2020年度 2学期期末テスト
    • 国語
      テスト範囲
      「モアイは語る」、「平家物語」、「徒然草」、「漢詩の風景」、「敬語」、「同じ訓・同じ音をもつ漢字」、「君は最後の晩餐を知っているか」 漢字マスターp18~24
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:10%記述式:90%
      難易度割合
      簡易:30%通常:50%難問:20%

      基本的な知識を問う問題が多数でしたが、問題数が非常に多いため、じっくり考えながら解答していると時間が足りなかったかもしれません。
      事前に、学校の授業のノートを見返し、授業で扱っている箇所=出題されやすい箇所を把握しておくことが解答スピードを上げるコツです。また、ワークを繰り返し記述問題などに慣れておくことも大切です。

    • 英語
      テスト範囲
      教科書p52~79 ワークp52~79
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:15%記述式:85%
      難易度割合
      簡易:20%通常:60%難問:20%

      全体的に文法、単語、長文、リスニングとバランスよく出題されています。
      基本文法や単語を教科書やワークを使って何度も演習しておきましょう。

    • 数学
      テスト範囲
      教科書p80~117 ワーク21、64~87
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:2%記述式:98%
      難易度割合
      簡易:10%通常:80%難問:10%

      問題数が多いため、解答スピードが求められる問題構成でした。ただ、難易度としては基本的な問題が大半だったため、ワークや教科書の問題を繰り返し演習することで、素早く正確に答えられるようにしておきましょう。

    • 理科
      テスト範囲
      教科書p30~63、182~211 ワークp12~29、90~107、117~125
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:20%記述式:80%
      難易度割合
      簡易:20%通常:60%難問:20%

      計算問題が多く出題されています。また、学校の先生独自の問題も出題されています。
      そのため、ワークの計算問題を何度もくり返し演習を行うことで基本的な問題をできるようにしましょう。
      また、ワーク外の問題に対応するためにも学校の授業での先生の発言をしっかりと聞いておくことが大切です。

    • 社会
      テスト範囲
      歴史教科書p22~31、100~111 歴史ワークp2~9、100 地理教科書p179~202 地理ワークp22~33
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:30%記述式:70%
      難易度割合
      簡易:20%通常:60%難問:20%

      歴史分野は用語を問われる問題が多く出題されていますが、用語を暗記するだけでは点数に結び付きにくい問題形式となっています。
      そのため、用語の暗記はもちろんのこと、用語の意味・関連する出来事まで把握できるように、教科書や学校でのノートを確認しておく必要があります。
      地理分野はワークから多く出題されています。地理のワークを隅々まで暗記、確認をしておきましょう。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談