中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > > 2022年度 1学期中間テスト

    2022年度 1学期中間テスト
    • 国語
      テスト範囲
      教科書p7~18、ワークp2~15、文法(今までに習ったもの)
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:20%記述式:80%
      難易度割合
      簡易:10%通常:65%難問:25

      文法問題は、基本的な問題が多く、比較的点数を取りやすかった一方で、物語文・漢文は、学校の授業中に先生が話した内容から多くの問題が出題されていました。
      そのため、学校での授業で先生が言ったことをしっかりと聞き、ノートを暗記するくらい見直す必要がありました。

    • 英語
      テスト範囲
      教科書p7~18、ワークp2~15、2年生の復習問題
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:23%記述式:77%
      難易度割合
      簡易:10%通常:85%難問:5%

      中1・2で学習した内容から中3で学習した内容まで、単元が幅広く出題されたテストでした。
      今まで学習した内容の定着が求められるため、中1・2の復習も行う必要がありました。

    • 数学
      テスト範囲
      教科書(2年生)p158~171、ワーク(2年生)p112~121、教科書(3年生)p2~23、ワーク(3年生)p2~23、3年時の小テスト1回目~10回目
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:2%記述式:98%
      難易度割合
      簡易:22%通常:68%難問:10%

      計算や言葉など基本的な問題が多く出題されていたテストでした。
      そのため高得点を目指すには、くり返しワークを演習をして、ケアレスミスをなくす必要がありました。
      また、問題の文章題対策として、ワークだけでなく教科書の章末問題も演習することで多く問題に触れておく必要がありました。

    • 理科
      テスト範囲
      教科書p108~138、2年生の復習(電流と磁界)
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:11%記述式:89%
      難易度割合
      簡易:31%通常:57%難問:12%

      難易度は高くないものの、名称の暗記問題から実験、記述まで多岐にわたる問題が出題されたテストでした。
      用語などの定着力が求められるため、ワーク演習の回数を増やし、しっかりと暗記する必要がありました。

    • 社会
      テスト範囲
      教科書p158~217
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:24%記述式:76%
      難易度割合
      簡易:12%通常:73%難問:15%

      教科書の太字の用語を問う問題が多く出題されている一方で、どうしてそうなったかなどの難易度の高い説明を問う問題が出題されているテストでした。
      用語だけではなく、歴史の流れを理解する力が求められるため、ワークの一問一答だけではなく、教科書を読み理解を深める必要がありました。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談