中学校別定期テスト対策
トップページ > 中学校別定期テスト対策 > > 2022年度 2学期中間テスト

    2022年度 2学期中間テスト
    • 国語
      テスト範囲
      教科書p84-85,86--87,90-95,96-102、文法(副詞・連体詞・接続詞)、漢字(国語の学習p59,99
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:5.8%記述式:94.2%
      難易度割合
      簡易:32.7%通常:63.5%難問:3.8%

      読解問題と文法・漢字の問題が出題されました。読解問題は全て記述問題で、最大30文字以内の記述問題が出題されました。あらかじめできるだけ多くの記述パターンを解いておくと良いでしょう。文法問題は単語の品詞についてや言葉の種類についても問題が出題されました。漢字の問題も15問術代されているため、事前の練習が必須です。

    • 英語
      テスト範囲
      教科書p44-65、ワークp59-93、授業配布のプリント
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:90.0%記述式:10.0%
      難易度割合
      簡易:16.7%通常:73.3%難問:10.0%

      選択問題が多く出題されました。正しい英文を選択する問題、並び替え問題、会話文に適する表現を選択する問題が出題されました。記述問題については、絵の状況を説明する問題、日本のすばらしいものを紹介する文章など記述量が多い問題となりました。テスト勉強をする際は選択問題にとらわれず、多くの問題に触れて英文を読む習慣をつけておきましょう。

    • 数学
      テスト範囲
      教科書p66-119、システマ(前期)p42-57、システマ(後期)p1-15
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:14.3%記述式:85.7%
      難易度割合
      簡易:42.9%通常:46.9%難問:10.2%

      二次方程式と二次関数がテスト範囲となりました。基本問題から応用問題まで幅広く出題されているため、学校のワークと教科書の章末問題を使用して解き方を忘れている問題がないかをチェックをしておくことが必要です。基礎計算の問題も出題されたため、入試も意識して計算練習も対策として取り入れると良いでしょう。

    • 理科
      テスト範囲
      教科書p142-169,46-101、理科の自主学習(テスト範囲+2年「生命と物質分野」)、理科ニュース
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:26.3%記述式:73.7%
      難易度割合
      簡易:35.1%通常:57.9%難問:7.0%

      化学分野と地学分野がテスト範囲となりました。化学分野では水溶液の性質と中和についての問題が出題されました。地学分野では、太陽や月、星の動きについての問題が出題されました。学校のワークがそのまま問われる問題が10問出題されており、こちらは事前に出題箇所を覚えておくことで対策が可能でした。

    • 社会
      テスト範囲
      教科書p8-71,公民の完全学習p4-27、資料集p12-49、授業時配布のプリント、問題プリント
      範囲割合
      範囲内:100%範囲外:0%
      記述割合
      選択式:24.5%記述式:75.5%
      難易度割合
      簡易:8.2%通常:87.7%難問:4.1%

      公民分野からの出題でした。現代社会、文化、人権についての問題が中心となりました。人権の歴史や種類を問う問題が多く出題されたため、人権の歴史を順を追って覚えておくこと、人権の種類について理解して分類できるようにすることで高得点を獲得することが可能なテストでした。

前のページへ戻る
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談