教室&講師のご紹介
トップページ > 教室&講師のご紹介 > 新狭山校 > 【新狭山校】2学期中間テスト当日!

2022.10.12

【新狭山校】2学期中間テスト当日!

こんにちは!スクールTENTOL新狭山校、教室長の中井です。

狭山中央中の中間テストが先週終わりました。

堀兼中も火曜日と水曜日と続けて行われました。

 

生徒に手ごたえを聞くと、

「前日にやったところができました!」

「○○がちょっと微妙です」

と、反応は様々。

毎回のテストで全てがうまくいくというのは、まれなことで、

必ずうまくいかなかった所(課題)があるものです。

その課題をどう改善して、次のテストでより良い点数を取るか?

が重要だと考えています。

 

「PDCAを回す」

という言葉がありますね。

P:Plan 計画 

D:Do 実行

C:Check 評価

A:Action 改善

P→D→C→A→P…

と繰り返すことで、物事をよりよくしていきましょう、

ということですが、

時として、Planから先に進まない人がいるのも事実です。

テスト勉強に置き換えると、

「ワークが終わっていない」

「教科書が暗記できていない」

などです。

ですから、確認テストをしようとすると、

「まだ覚えていないので無理です」

となってしまいます。

 

こんな時こそ、私はDo(実行)から始めるのが

重要だと考えています。

 

テストを繰り返すことで、内容を暗記していく方法です。

今回、テスト範囲の漢字テストに30回以上も取り組んだ生徒がいます。

特殊なプログラミングを組んで、

テスト範囲の漢字がランダムに選出、配置される漢字テストを作りました。

毎回、出る漢字も順番も違うので、

全部をまんべんなく覚えていないと満点は取れません。

最初は2~3個しか正解できなかった子も、

回数を重ねていくうちに、

95点、100点が当たり前に取れるようになってきました。

今日のテスト後に手ごたえを聞いても、

「漢字は完璧に書けました!」

と自信満々に答えてくれました。

 

まずは、実行すること。

テストをいきなり受けて間違いから学ぶ方式、

「DCAP」をおススメします。

 

↑↑

中3の国語の授業の様子です。

テスト対策でいろんなタイプの問題に取り組んでもらっています。

 

新狭山校は、いつでも「勉強を頑張りたい生徒」を募集しています!
まずは無料体験授業で、テントルの雰囲気を味わってみてください!

資料請求も可能です→最短最速で平均点突破するテントルの全てがわかる!資料請求受付中です!

対象中学

狭山中央中

狭山西中

狭山台中

堀兼中

柏原中

上記以外の学校でも、もちろん受け入れ可能です!

スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談