教室&講師のご紹介
トップページ > 実績&お客様の声 > 最短最速平均点突破の声 > 勉強は好きじゃないけど、テントルは大好き!

    勉強は好きじゃないけど、テントルは大好き!

    中里凛世 くん元狭山市立中央中 卒塾生

生徒のストーリー

    TENTOLと出会う前

    勉強ができ、レベルの高い高校へ進学した、二人の兄を持つR君。

    R君が中学校に入学してから、お母様は「Rは、上の二人とは違う」と、お兄様たちとは違う塾をお探しになっていました。
    そんな中で、テントルのHPをご覧になり、『ここならきっと・・・!』とR君の体験をお申込みいただきました。

    R君自身は、小学校から勉強が好きではなく、「勉強なんてできない」と初めから諦めモードでした。
    体験授業も『お母さんに言われたから』と渋々やってきました。

    TENTOLと出会って

    「勉強が嫌い」「やってもできない」
    そう思っていたR君に対して、体験授業では『塾は楽しいところ』、『勉強は、出来れば楽しい』というイメージを持ってもらえるよう、授業を楽しめるように工夫しながら進めました。

    テントルに来るときは渋々だったR君も、体験授業が終わって、家に帰ってから「テントルじゃなきゃヤダ!」とお母様へ伝えたそうです。
    お母様としては、狙い通りになって嬉しい反面、「そんなに変わるんだ!?」」と驚かれたそうです。

    入塾後も、『テントルに通うのが楽しいこと』と思ってもらえるように、R君の目線に合わせて話をし、徐々に「勉強をやる意味」「どうしたら成績が上がるか」という話を伝えていきました。

    R君はサッカーが大好きだったので、好きなサッカークラブの名前をローマ字で書く練習から始めました。
    ローマ字を理解できるようになったところで、英単語の練習に切り替え、少しずつ、読み書きができる単語を増やしていきました。
    毎週1回必ずテストを行い、出来ない場合は『居残り練習』をしてでも、急ピッチで英単語力を養いました。

    継続的に勉強すれば、必ず結果が出る!

    基本的に"カッコつけたい"性格なので、人に頑張る姿さえ見せたがらないR君でしたが、毎回の定期テストの後に、1対1でテストの振り返りをすると、「ここは点数とれた!」と、本気で悔しがる姿を見せるほど、テストに真剣に臨むようになっていきました。

    初めは、勉強に対して受け身になっていて、『言われたことだけ』をやっているだけでしたが、時が経ち、中3になると、自分からやるべきことを考え、相談するようになりました。

    入塾前の、中1の1学期の定期テストでは各教科20~30点でしたが、中3になるころには80点台を目指すレベルになりました。

    担当のコメント

  • 講師ハセガワ タツヤ
    「勉強は、本来楽しいもの」、「頑張ることで結果が出る」
    R君には、これを繰り返し伝えていきました。

    もともと勉強が好きではなく、高校入試が終わっても「やっぱり勉強は好きになれない」と言うR君ですが、出来る問題が増えると、非常に嬉しそうに取り組んでいました。

    正直に言うと、テントルに通っていた約2年半の間には、やる気がなくなってしまう時期もありました。
    そんなときには「ちゃんとやらないならテントルを辞めさせるよ」という言葉がR君に一番効くんだと、お母様から教えていただきました。

    勉強は好きになれなくても、テントルは大好きでいてくれたR君。

    今でも、R君のように「勉強は好きではないけど、テントルは好き」という生徒がたくさん通ってくれています。
    それは、ただ”楽しい”だけではなく、みんなが一丸になって真剣に取り組む環境があるから。

    「テントルは第二の家」
    『真剣に、でも楽しく勉強する環境』が、テントルにはあります。
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談