教室&講師のご紹介
トップページ > 実績&お客様の声 > 自信を持った人になったぜ編 > 苦手な数学が「一番の得意教科」になるまで

    苦手な数学が「一番の得意教科」になるまで

    A・Yさん美原中 3年生

生徒のストーリー

    「数学は、まぁこんなものですよ……」

    Aさんがテントルに入塾したのは、中1の2学期。
    入塾時、得意な国英社は90点前後をとれていました。それに対して、理科は70点台、数学に至っては50点台でした。

    とても利発的な子なのですが、少しでも「苦手だな」と感じると自信がなくなり、自分自身に対して限界を定めてしまうところがありました。

    得意な英語では95点から90点に下がってしまったときに非常に焦るくらいなので、テストに対しての重要性は理解しているようでした。しかし、その一方で、数学に対しては「まぁ、こんなものですよ」と点数へのこだわりがないように見えました。

    実は、「無理に高い目標をたてても、失敗したら嫌だ」という思いが強く、苦手教科に対して積極的になれないでいたのです。

    納得し、頑張って、結果で自信をつける

    苦手教科に対しては消極的なAさんでしたが、それでも宿題は必ずやってきます。
    決して完全に諦めているわけではありませんでした。

    そんなAさんに、テントルの講師はじっくりと向き合います。

    Aさんが納得できないことは、納得できるまで何度も説明しました。
    数学に対して弱気な発言ばかりになってしまっていたAさんに、「今の努力がかならず点数に結び付くよ!」などと、プラスの言葉をかけ続けました。

    そして迎えた2学期の期末テスト。
    数学は20点近くUPの、77点をとることができました。
    やっとAさんに、『数学に対する自信』がついてきました。

    点数の浮き沈みで苦しんだ中2時代

    しかし、その後のAさんは、70点台をとれたかと思うと、次のテストでは50点台に戻る、という繰り返しになってしまいました。

    「やっぱり苦手だからしょうがない」

    点数がとれないときに、悔しさを隠すように、自分を慰めるように、後ろ向きな発言をしてしまいます。

    担当講師もまた、悔しい思いでAさんのテスト結果を見つめていました。

    中3になって目覚めた『プライド』

    明らかに『数学的思考』が身についてきているのに、自信のなさが邪魔をして本番で力を発揮できていなかったAさん。

    転機は意外なタイミングでやってきました。
    中3の春、コロナ禍の一斉休校により、じっくりと数学に取り組む時間ができました。

    まずは『自信をなくさない』ように、中3の新出内容を、基礎からしっかり繰り返し定着させます。
    そして、『自信をつけるために』、Aさんにとっては今までに体験したことがないような、複雑で難しい問題にトライさせました。

    「中3って、こんなに難しいことをするんですか!?」
    リモート授業ごしにAさんから戸惑いの声が聞こえたこともあります。

    「普通はやらないレベルだけど、Aさんだからやるんだよ!」

    ~本当は50点~70点にとどまるレベルではなく、もっと上のレベルに到達できるはず~

    自分が本来持っている実力を自覚し、自信をつけさせることが目標でした。

    初めての80点台達成! でもそれだけではありませんでした!

    できた分だけ褒められる。
    褒められたいから、もっと頑張る。

    その繰り返しで、だんだんと手ごたえを感じられるようになったAさん。
    「自分はもっとやれるんだ!」という意識が芽生え始めました。

    テスト前までには、70点台までのテスト勉強から脱却するために、講師と一緒に、詳細に学習スケジュールを立てて実行しました。

    そして、1学期の期末テストで、とうとう80点台を達成しました。

    その後の夏休み中も、難しい問題が解けたあとに、「私、天才かも!」と、自信に満ちた笑顔で言うようになりました。

    夏期講習が明け、2学期中間テスト。

    「ワークはもう3周終わったので、次は何をすればいいですか?」
    と、相談をしにくるAさんは、もはや、「数学は、まぁこんなものですよ」と自分に対する言い訳をしていたころのAさんではありません。

    結果は期待通り。
    さも当然かのように、90点台の解答用紙を見せに来て、「一番の得意教科は数学ですね!」と笑顔で言い放ちました。

    担当のコメント

  • 講師コヅカ タケシ
    日本の古い考え方に『言霊(ことだま)』というものがあります。
    古代日本では、言葉には不思議な力が宿っていて、言葉を口にすることで、その言葉どおりの結果を現すと考えられてきました。今でも、スポーツ選手などは、「できる!」とポジティブな言葉・イメージをもって競技に臨むことで良い結果を生むといわれています。

    勉強においても、「自分はできない」「まぁこんなもの」と、消極的な言葉を口にすることで、自分の可能性に蓋をしてしまっている子は少なくありません。

    褒められて嫌がる子どもはいません。
    頑張って結果が出たら、しっかりと褒めてあげる。
    その繰り返しで少しずつ自信をつけ、その子が自ら口にする言葉が前向きなものに変わってくれば、おのずと行動も前向きになっていきます。

    自信がないときには励まし、自信がついてきたら、結果へつなげるためにナビゲートしてあげる。
    我々講師の役割は、子ども達が『自分の可能性』に気づき、それを形にするまでのサポートだと考えています。
スクールTENTOL公式LINE スクールTENTOL公式instagram スクールTENTOL公式Twitter
Copyright © TENTOL All rights reserved.
プライバシーポリシー
資料請求 授業料チェック LINEで相談 お気軽電話相談